交通事故に関する弁護士の仕事

投稿日 by admin

交通事故被害に遭った時、自分で加害者側の保険会社と連絡を取り合う人もいます。しかし、それは適切な方法とは言えません。こういう時こそ弁護士に依頼すべきです。交通事故と弁護士は結び付かないと考える人もいるでしょうが、加害者側の保険会社と交渉をする、医者と密に連絡を取って被害者に有利な診断書を書いてもらうなど弁護士の仕事は多くあります。特に被害者が入院をして自由に動けない場合は、弁護士にさまざまな対応を依頼して、怪我の治療に専念しましょう。

弁護士被害者が弁護士を雇う理由として、加害者側の保険会社が弁護士対応に切り替える場合があります。相手の弁護士はなるべく負担を減らしたいために交渉をしてきます。相手側が弁護士対応に切り替える理由として、重傷事故の対応、通院治療の打ち切りを通告したいなど、ほとんどが相手側の事情であり被害者側には不利な状態になるのです。弁護士は法律や言葉のプロですから、いつの間にか相手に有利な方向に流されていたということもあります。相手に流されて自分に不利にならないよう被害者側も弁護士に依頼するべきなのです。

弁護士に依頼するとなれば、相応の費用は掛かります。経済的に余裕がない場合は成功報酬タイプで仕事をしてくれる弁護士もいるので、慰謝料などが入ってきた時に支払えば問題ありません。その一方で着手金が10万円必要な場合など、弁護士によって変わってくるので依頼時に料金体制を問い合わせることをオススメします。