交通事故で弁護士のベストな対応とは

弁護士の交通事故被害の対応について

この画面は、簡易表示です

18/05/16

交通事故は弁護士によって慰謝料が変わる

投稿日 by admin

交通事故に強い弁護士を雇うことで、慰謝料の金額も変わってきます。慰謝料を多く請求出来る理由として、保険会社との交渉があります。1度や2度の交渉ではなく、何度も粘り強く交渉する必要があります。事故による被害者の不利益を具体的に説明することで、相手の保険会社が裁判に持ち込まれるよりは慰謝料を上乗せした方がいいと思わせるのです。

裁判所慰謝料の増額として、裁判で適切な主張を行うことでも得られます。被害者側の弁護士は慰謝料を相場以上にするために動くのと同じく、加害者側は少しでも保険会社の負担が軽減出来るように動きます。そのため、被害者側の弁護士は具体的な主張をします。どの程度の主張をすれば増額が見込めるかなど、交通事故に強い弁護士は過去の実績と経験から予測出来るため、過不足ない主張が出来ます。過剰な主張は減額の原因にもなりかねないため、主張をどこまでするかの線引きが出来ることも交通事故に強い弁護士の特徴です。

保険金請求は、順序を守って行わなければいけません。気が逸って保険金請求を先にする、逆に後回しにするなどは適切な順序ではないため、本来得られる金額も得られなくなることがあるのです。交通事故被害で弁護士を雇う場合は保険金請求の実務に適した人物に依頼しましょう。




top